2017年9月6日水曜日

サウジアラビア戦を落とす 動けなかった日本代表(サウジ1-0日本)

 オーストラリア戦を終えて移動中4日での試合。日本での試合があまりにも気象条件が良かったこともあって、サウジアラビアの気候は堪えた。
 前半、前線からのプレスでボールを取りに行ったが、ゴールネットを揺らすことができなかった。選手から噴き出る汗は異常で前半で相当の体力を奪われて、後半は両サイドを突かれて体力は益々消耗して、最終ラインも押し上げられないし、MFもアタックに行けないで失点した。
 後半の攻撃はロングキックを多用して省エネ、せめてサイドからボールを入れるようにしないといけないのに、まともに後ろからのボールをゴールに向けることはできない。基本中の基本ができなほど、集中できていなかった。 
 ウズベキスタンのレフリーも相当疲れているようで、後半のロスタイムは1分プラスしただけだったし、サウジアラビアの遅延行為も注意に行かなかった。 両チームが運命を分ける試合だったら、かなり問題になるところだが、日本はすでに1位抜けが決まっていたからレフリーも早く試合を終わらせたかったのだろうと思う。

 本田を含めオーストラリア戦に出ていない選手がしっかりアピールしなくてはいけない試合だったが、体力を消耗してしまって何もできない試合だった。

2017年9月1日金曜日

8.31 痺れた!! 快勝だったオーストラリア戦(日本2-0豪)

 さいたま2002に到着したのは18:30、スタジアムは半袖では肌寒いくらいでチケットを申し込んだときはこの気温を想像すらしなかった。 しばらくして、日本代表のアップが始まる。持って行ったカメラで先発組の様子をチェック
中盤は井手口、長谷部、山口のボランチを得意とする3人なんだと少し驚いた。柴崎の先発はなしだった。他は午前中に予想してメンバーだった。控えにはCBの三浦弦太が入っていて前日の発表とは少し違うようだった。

 選手が入場して国歌斉唱では、かつてないような大きな歌声が聞こえて鳥肌が立った。それくらいこのスタジアムにいた観客の今日の試合に対する気持ちの入り具合が分かった。2010の南アフリカ(オランダ戦)で聞いた君が代も素晴らしかったが、今日は国と国との戦いの前の興奮した気持ちを抑えるような厳粛な気持ちになった。

 試合は、4人のDFラインの前に山口長谷部井手口を並べ浅野がプレスバックする型で、オーストラリアのパスを遅らせる。オーストラリアはもっと早くボールを動かして日本のDFの裏を取りたかったと思うが、最終ラインで守備で数的有利を作る日本と吉田の早い判断でそれを許さなかった。 また、1トップの大迫(この試合に間に合ってくれてよかった)はポストプレーで攻撃の起点を作り、浅野、乾に効果的なパスを出す。
 
 7月のコンフェデ杯は強豪国を相手に互角の戦いをしたオーストラリアは、自信を持って日本に乗り込んできたがそれはきっと過信になると思っていた。ドイツ(3-2)、チリ(1-1)、カメルーン(1-1)と素晴らしい試合をしていたが、どの国にも勝っていないからだ。 それとチリの試合では、チリに前からプレスをかけられてボールを失う場面が多かったので、日本もそれができればいいと思っていた。しかし、高温多湿のこの時期にそれを続けるのは体力を奪うだけで無理だと思っていたが、天候に恵まれて大迫はGKにまでプレスをかけて、乾、浅野はパスコースを消しにかかるし、MFも押し上げてプレスできるいい状態を作る。 オーストラリアのGKライアンのフィード能力も高くないのも日本を助けた。中東勢であれば、酒井宏樹長友の裏にロングボールを入れてくるが、ライアンの場合はそれほど長いボールを入れてこないし、そこまでのキック力がないのか、正確性を重視しているのかパスコースをふさがれると、サイドキックで前線の選手にボールを繋ごうとして、吉田昌子に簡単にクリアされていた。

 また、データ的には日本はW杯予選でオーストラリアに1度も勝てていないというデータがあったが、オーストラリアもまた日本のホームの試合では1度も勝てていない。マスコミでは日本の天敵ケーヒルと取り上げているが、ケーヒルの空中戦で強さは飛ぶ前にファウルまがいのプレーが多く、2014のブラジル大会では審判の事前チェックでマークされていてほとんどファウルとして取られていたし、アジア大会でもそこは要注意プレーとされていたようで、それほど恐れることはないと思っていた。また、イランの主審アリレザ・ファガニ氏はファウルまがいの接触プレーは必ず笛を吹く。大迫の最初のDFを背負うポストプレーにも笛を吹いたので、ケーヒルが途中から入って空中戦になっても問題ないと思っていた。 実際にはコンフェデで自信をつけた繋ぐサッカーで終始してくれたのが幸いした。

 トップで大迫がプレスをかけ続け、中盤で井手口、山口がボールを奪う。こぼれたボールを長谷部が拾う(ミスも多くて冷や冷やすることも多かったが...) 酒井宏樹も攻守に集中していて何度も日本のピンチを救っていた。

 もともとボール奪取能力の高い井手口だが、こんなに正確なボールを出せる選手だと思っていなかった。運動量もさすがだったが、2点目のゴールは圧巻だった。もちろんその前の原口の粘りなしには生まれなかったが...。

 終わってみれば、快勝だったがオーストラリアのパスが続くと会場は終始緊迫していた。それが選手にも伝わっていたかのように、選手も集中していた。 とにかく、試合が終わり、緊張から解放されるとどっと疲れがでた。 W杯の切符を掴んだ心地よい疲れだった。


 実は、ベビメタのSSA2次募集のチケットに外れていて(こんな日に抽選の発表なんかしてくれるなと思った)、これで負けたら闇に落ちそうだと思っていたので、この勝利はそのことを忘れさせてくらい嬉しくて、全く面識のない周りの人たちとハイタッチして帰途ついた。

2017年8月31日木曜日

8.31  対戦前 W杯アジア最終予選9節 オーストリア戦

対戦前

昨日、サウジアラビアがUAEに負けて(1-2)暫定的な首位を守ることができたが、ハリルホジッチが言うように状況としては何も変わっていない。
 日本の23人が決まったが、DFが6人の登録で過去一番少ないのはちょっと心配。しかもCBの控えは槙野だけというのはちょっと疑問が残る。
予想スタメンは
【GK】          1 川島永嗣
【DF】19 酒井宏樹 22 吉田麻也 3 昌子源 5 長友佑都
【MF】2 井手口陽介 17 長谷部誠 7 柴崎岳
【FW】18 浅野拓磨 15 大迫勇也 13 乾貴士
という感じだろうか? FWは運動量の多い原口と思ったが、ドイツで試合に出ていないので本調子ではない。浅野のところは最初プレスをかけるのであれば岡崎がいい。大迫がこの試合に間に合ったことは大きい。 ロングボールで大迫をターゲットにするのなら、浅野のスピードは脅威になる。 攻撃的なMF柴崎は上手いがこのチームでのコミュケーションは上手くいっているのかよくわからい。

 対するオーストラリアは
【GK】 ライアン
【DF】 セインズベリー ミリガン スピラノビッチ
【MF】 レッキー ムーイ ガーズバック アーバイン 
【FW】 クルーズ ユリッチ ロギッチ
という感じだろう。 一番やっかなのはレッキーで対するのは長友だが以前のような守備の上手さ(対応の速さ)がない、それと昌子・乾・井手口との連携が問題。 豪のMFはミドルシュートも強烈なので絶対の中央でフリーにさせないことが必要。以前のように高さのあるボールを入れてこないと思うので、日本のMF、SBの守備の能力(管理能力)が問われる試合になる。中盤をつぶしてもサイドの個々の守備は今一つ弱いのが日本の欠点。
 豪のプレスをかいくぐれれば、大迫のポストと乾、浅野のスピードはかなり脅威になる。個人的には乾の活躍を期待している。乾にとってもこの試合はサッカー人生の転機になるような気がする。

2017年8月23日水曜日

今更ながらWindows10へUpgrade

 昨年の7月に終了したWindows10のUpgradeですが、その時はうかつにもUpgradeを忘れるという失態を犯していまだにwindows7(64bit)を使用していました。
 現在のPCは icore7-3770 CPU3.4GHz, RAM 8Gb,GB GeforceGTX750Ti,SSD 120G,HDD 2TBの構成で5年前の購入したもの。そろそろ今年あたりに買い替えようと思っていたのですが、これがどこも不具合がない。 一時異音がしたので、パーツを取り外して電源装置、CPU、グラフィックカードのファンを掃除してゆるんだネジを締めなおしたらかえって絶好調になった。 唯一の気がかりはSSDの空きがいつの間にか20Gを切っていたことと、動画編集ソフトを使うとメモリが100%に近い状態になるし、H265変換が異常に時間がかかることくらい(使っていない)。
 VRも昨年PSVRを購入したのでPCを使用しない。また、VRはまだまだ次の段階へは行っていないので、PCの購入の必要性がなくなっていた。

 先日、Windows 10 Creators Update (バージョン1703 / RS2)の記事を読んでいたら、windows7からのUpgradeが可能らしいということでやってみた(一部の記事では8月になって完全終了している記事もあった)。
 結論からいうと、無償でWindows 10 Creators Update (バージョン1703)はできた(クリーンインストールはしていない)。SSDの空きを増やすためにいくつかのソフトを削除して空きを25Gにしたが、Windows.oldフォルダ(35G)ができてSSDの空きは10Gくらいになってしまったのは予想外だった。このWindows.oldフォルダは28日後に自動で削除されるとのこと、しばらく問題がなければその前に削除しようと思っている。
 Upgradeしてメモリの使用量も減って細かい動作も速くなって今のところ全く問題ない。Photoshopのcs5.1(64bit)も普通に立ち上がる(一部CS6.0は32bitで立ち上がる報告あり)。


■NURO光ONU F660AのWOL(Wake up on LAN)のルーター越え

これは結局できなかったが、以前使っていたNECのAtermWR8175n(WoL)機能あり)をF660Aの配下にブリッジ接続、WANから直接AtermWR8175nに接続してPCの起動をすることにした。 NECのルーターはいろいろな機能があってしかも設定が簡単でいい。
 F660Aの無線が自分の部屋まで届きにくいこともあって、スマホはこれに接続することにした(ちなみにリフォームの際cete6のケーブルは部屋まで通してもらっている)。

2017年8月21日月曜日

サマソニ東京(8/20)に行って来た ベビメタTの人多すぎ

 午前はどうしても外せない用事があり、昼食後幕張に向け出発。会場に着いたのは15:00を少し過ぎていた。マリンのステージ近くはやたらとベビメタTを来た人が多くて驚く。
 アリーナに突入するには時間的には早いので、ちょっとスタンドで様子をみようと入ったが、人はいないのに荷物を置いて席を確保している人が多い。なんとか空いている席を確保。 ステージまで遠いけれど、なかなか見通しの良い席で、日差しもなかったし、おまけに風が少しあったりでけっこう快適。

 RoyalBloodのステージが始まると、これがなかなかよい。2人だけでやっているとは思えないほどの音でビックリした。 驚いている間にスタンドを立つタイミング失ってしまった。マンウィズのステージ前にベビメタTの人たちがどんどん入っていく。ここまでほとんど客がアリーナから出て行かないから諦めてまったりとスタンドから座って観ることにした。
 マンウィズのステージが始まる。何度か観たことがあるが相変わらず安定したパフォーマンスでノリもよい。しかし、たった2人のRoyalBloodの音よりボリュームが小さく感じた。
 マンウィズが終わり、ここで初めて大量の客の入れ替えが始まった。アリーナ前方は全部空くのかと思いながら見ていたが、前方だけで半分くらいの客が残った。そうか、マンウィズの客と思っていた客の半分以上がどうやらベビメタの客かFooFigters目当てだったようだ。
 入れ替えに時間がかかっていて、ベビメタのステージ開始10分前をすぎてようやく入場が始まり大挙して人が入ってくる。しびれを切らした人たちはスタンド席に入ってきていて、気が付いたら2階席はほぼ埋まっていた。ヘッドライナー前にベビメタを入れてきた運営側の意図がここではっきりした。"ベビメタ→マンウィズ"だったらマリンステージはかなり空きが目立ったと思う。実際ヘッドライナーのFooFigtersでさえベビメタより客入りは良くなかったし、SUM41が始まる8時くらいには会場を出る人が目だった。ベビメタの集客恐るべし。だが、近年は洋楽フェスより邦楽フェスの方が客の入りがいいのはちょっと問題。音楽だけでなくいろいろな面で日本は内にこもり過ぎている。
 
 ベビメタのステージが始まる。サマソニ用の紙芝居は初見の人には伝わらないようで、隣にいた洋楽好きのオバサン達(たぶん40歳代)はキョトンとしていた。神バンドの演奏が始まるとバスドラの音が半端ない。持っていたペットボトルが振動して思わず落としそうになる。演奏の音圧も凄くてまさしく轟音。これですぅさんの歌聞こえるのだろうか心配になったが、彼女はいつもに増して気合いが入っていて軽々とその轟音を超えてくる。 
 細かな感想は多くの方が言っているので省略。とにかく神バンドを含めた7人の熱のこもったステージは圧巻で座って観ていたのに、からだが音圧にさらされたのだろうか?何故か疲れた。隣の洋楽オバサン達も「なんか疲れたね」と言っていた。彼女達には少しハード過ぎたのかもしれない。それが証拠にFooFigtersでは立ち上がってノリノリだった。でも、シングアロングで全く歌えていなかったので、「思わず歌詞知らんのか?」と突っ込みたくなった。

 サマソニが終わって、帰る途中思ったのだが4つのバンドを並べてみるとベビメタってかなり異質な存在だと思う。ヘビメタというすでに主流でないものにアイドルが歌って踊るというかなりヘンテコなものだ。メタルエリートからしてみたら、邪道すぎるし受け入れ難いものだろう。そして、アイドルに興味のない人は見向きもしないだろう。 それでも一度ライブを見れば本格的だし、かなり新鮮なものだとわかる。

 ゆいもあの高校卒業後、本格的な活動計画が組まれているようだが、それを見守りたい。その前に巨大キツネ祭り(初遠征の大阪2日間)を楽しむぞ!

2017年8月10日木曜日

NURO光 for マンション やっと開通(1月遅れ)

 築35年のマンションでNURO光を開通させると聞いて、5月末に喜んで申し込んだのだが、予定していた7月初旬を過ぎても何も言ってこなから代理店に電話したところ、もう少しお待ち下さいとのことでイラっときていた。 マンションの管理人に聞いたら「マンションの2/3は開通できるが、1/3の配管が古くて光ファイバーが入らない」とのこと、また「2/3だけ通して残りはあきらめてもうらうか、新しい工事方法で再度やってみてダメだったら、マンション管理組合で協議してもうらうしかない」とのことだった。
 結論からいうと、7/26の工事でなんとかメドがたったということで、当初より1月遅れてやっと自宅にも光ファイバーでのインターネットが実現した。

 実際の速度としては、下り400~600Mbps上り400~550Mbpsという速度でau光VDSLの約8~10倍の速さになった(一軒家の方は800Mbps以上出ているかたも多いようです)。 今まで30Gのデータを送信するのに6時間くらいかかっていたが、1時間程度で送ることができる(5Gのデータを送信したところ10分かからないし、同じデータを相手から送ってもらったところ7分くらいで完了した。30Gの送信は実際にはまだ試していない、so-netは1日のUP制限が30Gだと思う)。

 あと、懸念していたWOLのルーター越えはF660Tでは無理だった(LAN内でのWOLは問題なかった、またサブネットマスクを255.255.255.128にしてみようと思ったがサブネットマスクを設定するところが説明書をざっと読んだだけではわからなかったのでF660Aが到着するまで説明書を熟読する予定)。中華製の安いONU(ルーター)なので機能が少ない。最新のF660Aに変更のする手続きをお願いしたが、説明書を見る限りほとんど一緒(IEEE802.11acの無線LAN規格くらいの差)。 サポートの電話も午前11時くらいに電話したが、繋がるのに20分ほどかかったし、wake up on lanの件も対応した方が理解していないようで、サポートはほとんど期待できそうにない。

 電話の開通に関しては9日後で配線は自分でやって下さいという対応で初心者にはちょっと不親切な感じがした。まあ、固定電話が使えて速度もある程度満足できて月2400円(税抜 加入者が10人以上なので)は大満足

2017年7月19日水曜日

7/18 黒キツネ祭りに行って来た

整理番号が700番に近かったこともあったので、とにかくゆっくり行こうと思っていた。グッズに関しては買えれば買うといういつものスタンス。こういうライブハウスでは意外と並ばないで買えることが多いのでとりあえずグッズの販売が時間が終わる寸前に着くようにしたのだが、会計の窓口が2つ?しかなかったようで会場に着いたときはまだ購入者が並んでいて諦めた(ちなみにTシャツとタオルは終演後に余裕で買えた)。
 心配された雨は横浜を出発するときにはすでに止んでいて、持って行った折りたたみ傘は使うことはなかった。
 5時50分から入場が始まったのだが、A30が呼ばれるまでに15分もかかっていて、おいおいどれだけ時間がかかるのだろうか心配になった。結局私が入場できたのはすでに7時を過ぎていて開演は7時40分くらいだと思った。 オリンピックに向けて会場への入場のチェックも厳しくなっているようで、本人確認(the oneで確認したがほとんど見ていない感じだった)と金属探知機でのボディチェックと入場にとにかく時間がかかっていた。興行はHOT STUFF PROMOTIONがっ取り仕切っているようだが、さすがにもう少し人を多くしないと当日帰る遠征組の人はたまったものではない。

 会場に入りすでに前半分はびっしり人がいて、前を目指すのはやめ一段高いPAの横の柵に陣取った。なんとかステージの視界を確保。それでも男ばかりでなんかいつもより背の高い人が多く感じてさすがに手が上がると前が見えない。
(どなたかわからないが画像お借りしました)
とにかく音を楽しみたかったので、PAの近くに行ったのだがこれは正解だった。今まで行ったO-east,Zepp,豊洲pit(ここは最悪だった)、新木場STUDIO COASTより音が良かった。音圧もなかなかだったが耳栓をするほどではなかったし、ずっとズボンの布が揺れているのが心地よかった。
すぅさんの歌声は相変わらず素晴らしい、今年のUSツアーを経てさらにパワーアップした感じがした。ときどきバックトラックの音が下がって聞こえる時があったが、お構いなしに正確なピッチで歌うのだからたいしたものだ。PAのエンジニアもその時は慌てていて音響ってけっこう大変なんだと思った。 すぅさんメギツネで途中声が裏返ったが、裏返るというよりは喉がひっついて声が詰まったという感じだろうか? 喉が渇いているとそうなることが多いのだが、これもご愛嬌というところだろう。 正直なところ、彼女の声はこのくらいのライブ会場では狭すぎるのかもしれない。もっと広いところに解き放ってやりたいという感じがした。
神バンドは小神、大神、BOH、青山の4人。フロントの3人との信頼関係も出来上がっていてそれぞれの上手さも引き立つ演奏で凄く一体感があってよかった。
ゆいもあはUSツアーよりぷにぷに感が減って、相変わらず可愛らしい。神バンドとすぅさんだけでもバンドとして充分成り立つのだが、ゆいもあがいることによってシリアスなメタルシーンの観客に笑顔をもたらすという他では考えられない相乗効果がある。とはいえ彼女達も18歳でいつまでも可愛らしいとか言っている場合ではないのかもしれない。ただ、海外の人からみれば10年後もきっと子供にしか見えないからこの構成はずっと続くかもしれない。

セットリストは以下 
01、BABYMETAL DEATH
02、META!メタ太郎
<神バンド・ソロ>
03、かくれんぼ
04、悪夢の輪舞曲
05、Sis.Anger
06、メギツネ
07、ギミチョコ!
08、ドキドキ☆モーニング
09、ヘドバンギャー!!
10、イジメ、ダメ、ゼッタイ

 META!メタ太郎のシングアロングはなんかみんな必死だった。それに合わせて歌うすぅさんはまたよかった。神バンド・ソロはいつもに増して盛り上がった、青山神の最近のドラムは以前に比べ格段にメリハリが効いている。悪夢の輪舞曲は東京ドームでも披露されたが、久しぶり感があって演出がなくてもこれはいい。できれば紅月のほうが嬉しかった。なんせ国内の単独ライブは昨年の東京ドーム以来だから何を聴いてもいい。 ただ、新曲がまだ披露されないところをみると3rdアルバムまではまだまだ時間がかかりそう。
 正味50分ちょっという短いライブではありますが、こういうライブハウスでやってくれるのは個人的は嬉しい、今回は特に音がよかった。

 昨日のラジオでサマソニ上海のBABYMETALへ高額オファーがあったのを聞いた。スケジュールが合わなくて結局今年は出ないということだが、欧米のロックシーン(ロックシーンだけではないが)では商業的な活動は嫌われる傾向にあるので、中国のお金に物を言わせる的なことは軽蔑される。サッカーのシーンでは考えられないような移籍金や年棒が提示されるがよほどお金に困っていない選手以外は移籍しない。また、中国独特のコネ社会もあって中国代表はけして実力主義ではないので代表は強くなれない。せっかく国内でタイアップや協賛を受けないで商業的なイメージを取り払うことに成功しているので、今年のサマソニ上海への出演がなかったことにほっとしている。できればサマソニ上海のブランド価値が上がるまでは出ないほうがいい。
 BABYMETALというブランド価値に見合うかどうかというところが選択基準になるだろう。そう考えると紅白とかはあまり重要視されない。ただ2020年の東京オリンピックはかなり重要なのでそこに向けての準備はしっかりとしておいて欲しい。