2017年4月6日木曜日

「5大キツネ祭り」って、一般の発売もあるんですね


 FOX DAYの5大キツネ祭りの発表は正直なところ”なんじゃこれ?”という感じをうけました。THE ONE会員に向けた発表と思っていましたが、一般の販売もあることに申し込んでから気が付きました。 これってかなり厳しそうな感じですね。

赤坂BLITZ 1,298人x3 
zepp divercity tokyo 2,321人x2
Zepp Nagoya 1,792人x2
Zepp Osaka Bayside 2,801人x2
合計 17,722人

 しかも、2人まで申込ができるから2015年の横アリより厳しい、当選確率30%くらいになりそう。特に東京開催は8,536人のキャパでかなり少ない。一番当選確率が高そうなのは大阪でしょうか? 
 昨年のドーム公演で11万人動員して、30億円くらい稼ぎだしているから、年末に向けてなにかしらあると思うのですが、すぅさん歯の矯正中(2年くらいかかるらしい)を考えるとメディアになるべく顔を出したくないのではないかという心配もあります。そうなると、国内メディアが取材しにいかない海外活動がメインになるのででょうか? いやいや国内である程度大きな公演をしておかないとファンを定着させることは不可能で、一番利益の出るグッズの売り上げも激減するから何かしらあると期待するしかなさそう。 昨年末にアミューズの株を買ったことだし、6月下旬にある株主総会にでも出てみようかしら?(正直あまり株主総会なんて興味がないのですが....)

THE ONE デロリアン

 このところ忙しくてやっとTOKYO DOMEのBDを観ることができました。BDはPCM(2304Kbs、24bit、48.0KHz)で音はWOWOWと比べ格段によい。 WOWOWは256Kpbs(2chx128Kpbs),16bit、48.0KHzなので音がしょぼい。7年前に購入したパイオニアの安いホームシアターセットでもかなり良い音がでる。さすがに初日のREDNightはかなり修正したみたいだけれど、BLACKNightは会場内の音もよかったし、すぅさん初日の緊張から解き放たれて余裕があったので違和感なしでした。個人的には、最後の滑ってしりもちは入れて欲しかったと思いますが、さすがに海外からもポンコツとか言われるの避けたかったのでしょうね。彼女の魅力はそのギャップにもあるのでちょっと残念。

2017年3月28日火曜日

勝ったけれど酷い内容だった。 日本4-0タイ

 4得点だったけれど、川島の活躍がなければどうなっていたかわからない試合だった。山口、酒井高徳のダブルボランチだったがボールを奪う意識が少なかった。もちろんタイの選手のキープ力が予想以上に高かったのもあるが、この2人の出足が悪くてボールが奪えない。とにかく全体にタイに押し込まれミスが多くて、スタジアムに行っていたら胃に穴があきそうな試合だった。

 吉田(cap)が言うとおり、悪いなりに勝ったことは大きいのだが課題が残った。

 長谷部の長期離脱は避けられないが、今野は6月13日には間に合うだろう。UAE、タイ戦で山口、森重のミスが目立つ。特に、山口はUAE戦1ボランチでCBの前で固定的な守備をしなくてはいけなかったが、もっとカバーリングが早ければ中盤であそこまでボールを持たれなかっただろうし、タイ戦のWボランチは慣れないコンビで最後までバラバラだった。長谷部、高萩、今野の離脱で酒井高徳だったが倉田でもよかったのではないかと思った。この失態を今後に活かせるだろうか?
 もう一つ気になったのは、スローインの時のプレー。日本のスローインでは相手にプレスをかけられボールをロストすることが多いが、逆ではプレスとポジションが甘くてボールを繋がれるというイライラすることが多かった。マークする相手の特徴をもっと意識しないとボールは奪えないが、そのあたりのスカウティングできていたのだろうか?これも次のイラク戦への課題。


2016/09/01 オーストラリア 2-0 イラク:日本 1-2 UAE:サウジアラビア 1-0 タイ
2016/09/06 イラク 1-2 サウジアラビア:タイ 0-2 日本:UAE 0-1 オーストラリア
2016/10/06  サウジアラビア2-2 オーストラリア:UAE 3-1 タイ:日本 2-1 イラク
2016/10/11 イラク 4-0 タイ:サウジアラビア 3-0 UAE:オーストラリア 1-1 日本
2016/11/15 UAE 2-0 イラク:タイ 2-2 オーストラリア:日本 2-1 サウジアラビア
2017/03/23 イラク 1-1 オーストラリア:UAE 0-2 日本:タイ 0-3 サウジアラビア
2017/03/28 サウジアラビア - イラク:日本 4-0 タイ:オーストラリア 2-0 UAE
----------------------------------------------------------------------------------------
2017/06/08 オーストラリア - サウジアラビア:
※オーストラリアが2017年コンフェデレーションズカップ出場のため6月8日に試合。
2017/06/13 タイ - UAE:イラク - 日本
2017/08/31 タイ - イラク:UAE - サウジアラビア:日本 - オーストラリア
2017/09/05 イラク - UAE:オーストラリア - タイ:サウジアラビア - 日本

グループB試合得点失点勝点
サウジアラビア641112513
日本751114516
オーストラリア734011613
UAE73047109
イラク6114794
タイ70163191

2017年3月27日月曜日

明日、タイ戦 大迫の離脱の影響は大きい

 UAE戦で活躍した大迫、今野がケガで離脱。 特にトップでボールが収まる大迫の欠場は痛い。 ホームゲームで絶対に勝ち点3、そしてできれば多くの点が獲ることを望まれる試合。 勝ってできれば首位に出たいところだが、明日1トップに入ると予想される岡崎は動き自体は悪くないが、UAE戦で枠にボールを飛ばせない状態をみると得点感覚がなさすぎる。 以前のような泥臭いゴールを期待したいところだが、レスターでの使われ方や活躍も前線からの守備要員でゴールがない。
 3バックのタイは両サイドが弱く、DF裏も弱いと言われているが、最終ラインを低くされれば、3バックの脇にMFが降りてくれば5バックで両サイドもそれほどスペースがないと思う。 先取点を奪えば、後半あいてのカウンターを利用して逆にショートカウンターをかけることができるのだが、0-0の時間が長くなると少しまずい。

 タイ戦で勝ち点を奪えないようだったら、日本に本戦に出る力はないと思い、明日のチケットを取らなかった。スタジアムの異様な雰囲気でタイの選手の力を封じなければいけないので、スタジアムに行かれる方は是非ゴール裏の人たちと声を合わせて欲しい。 

明日の先発予想
GK      川島
DF 酒井宏樹 吉田 森重 長友
MF       山口
     清武     香川
FW 久保         原口
       岡崎(本田)  

2017年3月24日金曜日

UAE0-2日本 無失点で勝ったのは大きい

 5試合中4試合で失点していた日本。FKやPKからの失点がほとんどではあるけれど、UAE戦の無失点は今後の得失点に影響するし、守備陣の自信にもなる。

UAEにボールを持たれた時に、ボールを奪えない時間があって嫌な時間があったが、川島のセーブは日本を救った。これがなければ負けていたかもしれない。吉田のキャプテンとしてのコーチングは素晴らしかった。

相変わらず、原口の運動量が凄かった。久保も1ゴール1アシストで結果が残せて、よかった。
14分。この先取点はいい時間帯だった。久保代表初ゴール。

大迫はボールも収まるし、DFとの競り合いにかてるのは大きい。それにしても今ちゃんはよくこのスペースに入ってきたと驚く。(インタビューでインサイドハーフのポジションだったと言っていたのでちょっと納得。)久保のクロスもコース、スピードともに正確だった。

 心配していた香川は、まずまずの動き。今野は終盤のミスもなく久々の代表での存在感も大きかった。 大迫の怪我が心配。交代で入った岡崎は決定的なシーンで枠に飛ばせなかったのはいただけなかった。 FWの若手の台頭は嬉しい。 


2016/09/01 オーストラリア 2-0 イラク:日本 1-2 UAE:サウジアラビア 1-0 タイ
2016/09/06 イラク 1-2 サウジアラビア:タイ 0-2 日本:UAE 0-1 オーストラリア
2016/10/06  サウジアラビア2-2 オーストラリア:UAE 3-1 タイ:日本 2-1 イラク
2016/10/11 イラク 4-0 タイ:サウジアラビア 3-0 UAE:オーストラリア 1-1 日本
2016/11/15 UAE 2-0 イラク:タイ 2-2 オーストラリア:日本 2-1 サウジアラビア
2017/03/23 イラク 1-1 オーストラリア:UAE 0-2 日本:タイ 0-3 サウジアラビア
----------------------------------------------------------------------------------------
2017/03/28 サウジアラビア - イラク:日本 - タイ:オーストラリア - UAE
2017/06/08 オーストラリア - サウジアラビア:
※オーストラリアが2017年コンフェデレーションズカップ出場のため6月8日に試合。
2017/06/13 タイ - UAE:イラク - 日本
2017/08/31 タイ - イラク:UAE - サウジアラビア:日本 - オーストラリア
2017/09/05 イラク - UAE:オーストラリア - タイ:サウジアラビア - 日本

グループB試合得点失点勝点
サウジアラビア641112513
日本641110513
オーストラリア62409610
UAE6303789
イラク6114794
タイ60153151

2017年3月23日木曜日

今日の深夜 UAE戦 中東のAWAY3戦の1試合目

 UAE戦の主審はイルマトフ氏(ウズベキスタン)。アジアの主審ではNO1。ワールドカップの本大会でも笛を吹いているし、ミスも少ない。ヨーロッパに近いジャッジで中東の笛の心配はないと思う。中東の審判の場合お互いのメンツを立てる人が多い。おかしなジャッジがどうしても増えるので中立国の主審がいいのだが、日本のホームではイラク(主審韓国)、サウジの試合(主審シンガポール)で東アジアの主審が笛を吹いたのでどちらかの試合は中東の主審が笛を吹くことになると思うので、今日の試合は必ず勝たなければいけない。

 長谷部の怪我の離脱は残念。今野がここに入ることになると思うが、90分集中してプレーできるか心配。終盤に以外とミスが多い。
予想スタメンは
GK  西川
DF 酒井宏樹 吉田 森重 長友
MF    山口  今野
  久保(本田)    原口
FW   岡崎   大迫

2トップのようだ、大迫はボールをおさめられるので久保と岡崎はポジションを交代しながら攻撃にからみたい。 清武が好調ならトップ下において

     清武
岡崎        原口
     大迫
でもいい、どちらにしても岡崎、大迫で前線から追い回せればチャンスは増えるし、逆UAEに日本のDFが追い回されても大迫がトップで収めてくれれば試合の流れはつかめると思う。

キックオフは今夜 24:30。

追記
先発発表
GK            1 川島永嗣
DF 19 酒井宏樹 22 吉田麻也(Cap)  6 森重真人 5 長友佑都
MF       16 山口蛍   17 今野泰幸
             10 香川真司
FW   14 久保裕也          8 原口元気
             15 大迫勇也 

先日のブンデスリーガでの活躍から、好調を維持しているのか香川が先発で大迫の1トップ。代表で香川が輝いたのは何時のことだったか?ちょっと心配。香川のところでボールを奪われれるとかなりヤバイ。プレスがあまりかからなけれぼいいのだが、香川がどれだけ前を向けるかが勝負になりそう。

2017年3月17日金曜日

BABYMETAL FOX DAYに何があるの? WORLD TOUR 2016 digestを作ってみた

歴史は繰り返す、あの日、あの時、あの場所で
物語は遂に第5章へ
THE ONE 限定エクスクルーシブイベントに 【 5名様 】 をご招待!!”

昨年はWembleyが翌日あって、USツアーやフェスの参加もFOX DAY前に決まっていて、当日はドーム公演の発表だけで肩すかしでした(2ndアルバム忘れていた)。今年はレッチリとKornのゲスト出演、あとフィルムツアーだけで、まだ単独公演等の発表は何もないので期待していいのでしょうか? 歴史は繰り返すとかでまた肩すかしだったりするのかな? まあ、今年は少しは期待して待ちたいものですね。

(フィルムツアー新宿の初日は、ずいぶん落選者がいるみたいですね。私は申し込まなかったけれど、これも”歴史は繰り返す、.....”なのでしょうか? 第5章もチケット争奪戦はなかなか厳しいそうですね)

「LIVE AT TOKYO DOME」トレーラー映像公開が公開されました



でも、これだけだと淋しいものですね。
そこで、昨年(2016年)のWORLD TOUR 皆さん?の映像を繋ぎ合わせてダイジェストを作ってみました。2014はApocalypse版にありましたし、2015はWOWOWの放送の中にあったのですが、2016はまだ出てきていないのでこれでFOX DAYまで待つことにしようと思います。


BABYMETAL WORLD TOUR 2016 digest
(↑ブロックされてしまったみたいので音声差し替え)
ところで、アミューズの今期の営業収益が上方修正されました。営業収入も450億くらいになるのでしょうか?(昨年度は489億) ベビメタの東京ドーム関連の売り上げだけで約30億(入場収入、グッズ、映像)くらいになると思いますが、2日間だけでこの売上はかなり効率がいいですね。こういうのを知ったら株主からもっともっと国内公演を増やせとという声があがりそうですね。 なんせ今年度は減収減益ですから。 かといって無暗に公演数だけ増やしても設営費・人件費で利益が少なくなります。一番利益がでるのはファンクラブ限定品なのでTHE ONEの加入数を増やすことが必要。ドームツアーやアリーナツアーというような他のアーティストの二番煎じでもいいのですが、独自路線を突っ走ってきているので何か他の新しいものを期待してしまいます。とりあえず過度な期待をしないでFOX DAYを待つことにしようと思います。

2017年3月9日木曜日

奇跡を目撃した UCL16/17 R16 2nd leg バルセロナ6-1(total6-5)パリサンジェルマン

 ウナイ・エミリのバルサ戦の相性からして1stlegでバルサが0-4の完敗したのは衝撃でした。 ただ、カンプノウでは一度も勝ったことのないウナイ・エミリだったのでひょっとするとバルサ逆転とかあるかもしれないと思った。バルサのエンリケも今シーズン限りで監督退任を発表して、「奇跡を起こす」と言っていたことにバルサファンも応えていた。直近の2試合も大量点で勝ってチーム状態もよかったのでひょっとするとあるかもと思い。なんとか目を覚ましてテレビを観た。

 バルサが前半2点、後半も早い時間で1点取ったので、本当に奇跡が起きるかもしれないと思った。しかし、カバーニのゴールで3-1になった時にさすがにこれから3点というのは難しいと思っていた。88分にネイマールの素晴らしいFKが決まって4-1になると直ぐに(アディッショナルタイム)スアレスがPKを獲得しネイマールが決めた。かなり微妙な判定で主審の演出と言われてしまってもしかたがないが、それでも5-1ではバルサの勝ち抜けはない。ピケを前線に上げてそしてGKテア・シュテーゲンまで上がってパワープレーを仕掛けて奇跡を起こしてしまった。
ネイマールの上げたボールをダイレクトで押し込むセルジ・ロベルト

 パリは交代で入った選手がゲームに入りきれなかったのが敗因だと思う。しかし、こんなことって起きるんですね。